現役保育士サク/朔太朗の暮らしブログ

現役保育士のサク/朔太朗です。このブログでは、シンプルライフを中心に、人や時代に流されない生き方について綴ります。

2歳息子に肘打ち 虐待する親に思うこと

 

こんばんは。朔太朗です。

 

基本的に毎日ニュースは欠かさず見ているようにしていますが、最近は痛ましいニュースが多いですね。時事的な話題に触れることはあまりなかったのですが、保育士としてこういった話題にはスルーすることは出来ないなと思いました。

 

動画配信中に、父親が寝ている2歳児の息子の額に肘打ち

 

Twitterなどで実際の動画を見た方も多いと思いますが、目を背けたくなるような映像ですね。現役の保育士である自分からすると、こういった親に思うのは、たった一つ、拡大→虐待をするぐらいなら、今すぐ子どもを手放してください  ということです。

 

虐待をしてしまっている親のパターン

こういう虐待をしてしまう親には2パターンいると思います。

一つは、自分が虐待をしているという自覚が全くなく、日常の中の一つになっているパターン。

もう一つは、自分がしてしまっていることが虐待で、悪いことと分かりつつも、感情のコントロールが上手くできずに手を出してしまうパターンです。

 

2歳児に虐待  父親に思うこと

 

このどちらだったとしても、今すぐ子どもを手放してほしいです。

手放して、というと少し穿った捉え方をされてしまうかもしれませんが、とにかくその親の近くにいたらダメだということです。暴力を振るう親でも親だ、そういうことだって長い子育ての最中に少なからずあるものだ、という意見の方もいるかもしれません。

しかし、子どもに暴力を振るうというのは、親として、もうその子どもに他の方法で伝えることができない状態、ということだと思います。これはもう、親としての機能を失っているのです。少なくとも、今の段階では。

僕は児童養護施設に実習やボランティアで行ったことがありますが、親の影響により施設で育ったけど、結果的に親が改心し、一緒に暮らせるようになった子どもも知っています。

 

つまり、一生親失格というわけではないです。色々な環境の変化や時間の問題で、いい関係に変わっていくこともあるのです。そういう未来の可能性も、子どもが生きているからこそです。殺してしまうほどではないかもしれません。でも、生きていたとしても、親から暴力を受けていたという記憶は残り続けます。その心と体の傷を少しでも少なくするべきで、とにかく虐待をしてしまっている今は、子どもと親は一刻も早く離れるべきなのです。

 

子どもにとっての幸せ

 

子どもにとっての最高の幸せは、家族と暮らすことに間違いはありません。しかし、それはあくまで、安定した家族関係に限ってです。もし、虐待や暴力を振るってしまっていて、それでもそばにいるのが子どもの幸せだと思っている親がいるのであれば、それははっきりいって大きな勘違いです。その親の甘えや不安、弱さでしかなく、そんな家庭にいるならば、別々に暮らす方がよっぽど子どものためです。

 

子どもは一人の人間です。親の所有物ではなく、親に従う子分でももちろんありません。あくまで、血は繋がっているが別の人間なのです。

 

子どもが大きくなるための援助をし、未来へ繋ぐのが親であり、私たち含め大人の役目なのです。

 

 

 

 

 

Twitter、始めました。

こんばんは。朔太朗です。

 

世はまさにSNS時代ということで、この度Twitterを開設しました。

現代社会である程度渡っていくには、避けては通れない道ですね。全くやったことがないわけではないので、ある程度発信するツールとして生かしていけるのではと前向きに捉えているので、ブログから来た方はTwitterにも、Twitterで知っていただいた方にはブログにも見に来ていただけるような質の高いものを目指していきます。

 

スキルも実績もまだ何も持っていないですが、必ず結果を出します。応援よろしくお願いいたします。

 

「継続する」ために必要なこと part2

 

こんにちは。朔太朗です。

 

ここ数日、本業やプライベートの方が忙しくなってしまい、毎日投稿ができなくなってしまっていました。「量を書けば自ずと質が出てくる」と思い、毎日投稿を掲げたのですが、「できない目標を掲げると挫折しやすい」とはまさにこのことで、義務感になってしまうと継続していくことが難しくなってしまうことがわかりました。(当たり前ですね、、、笑)

 

継続することは、とても難しいと思います。続けていくために必要なことの一つに「無理をしない」ということがあると思いますが、人ってアドレナリンが出ている時は無理をしていることに気づかないんですよね。ふとした時に「これは難しいんじゃないか」と気が付くもので、それでも完全に熱が冷めていなければまだ続けていくことができるんだと思います。

 

今日以降は不定期で、書きたい時に書きたい記事を書いていきたいと思います。少しずつでも、継続して行けば結果がでると信じて頑張っていきたいと思います。「石の上にも3年」とはよくいったもので、すぐに結果を求めたり、何かを言い訳にやめたりしないために、長い目で考えていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

書かないブロガー

 

こんばんは、朔太朗です。

 

 

「描かないマンガ家」という漫画をご存知でしょうか。漫画家を目指しながらも、クラスメイト相手に漫画論をひたすらに語って、全く漫画を描かない主人公が、如何にして漫画家として成功していくかを描いている漫画です。

 

 

 

かなり異色で良い作品なのはさておき、僕はまさにこの主人公のような人間でした。

全く成行動にうつす勇気はないのに、方法論や精神論ばかりを確たるものとして持っていて、それでどうにか自分を保とうとしていたんですね。

できない・やらない理由を作るのはとても簡単なことなので、それに終始していた十代だったように思います。結局は、下手なこと、うまくできないことを恥ずかしがっていただけで、予防線の張り方だけは一人前になっていました。

 

 

 

「まずは行動する」

とても多くの先人たちが幾度となく僕たちに伝えてくれていたのに、それが心に響くまでには少し時間がかかってしまいました。

 

しかし、「何をするにも遅いということはない」これも先人たちが伝えてきた言葉の一つです。この言葉も信じて、自分が目指すべきところに向かって恐れずチャレンジしていくことが大切だと感じています。

 

 

 

ちなみにタイトルはオマージュです笑  書かないブロガーにならないように気をつけます。笑

 

 

 

 

 

描かないマンガ家(1) (ジェッツコミックス) [ えりちん ]

価格:712円
(2020/9/2 22:02時点)
感想(6件)

 

 

【保育士あるある】シフト制はつらいよ

 

こんばんは。朔太朗です。

 

ここまで全く言及してこなかったのですが、このブログのタイトルの通り、僕は現在保育士として働いています。保育士という仕事の中で、一般的な会社員と違うところは多々あると思いますが、その中の一つが「シフト制である」ということです。

 

シフト制と聞くと、アルバイトを思い出す方も多いかもしれません。

アルバイトの場合、自分の好きな日に好きな時間だけ働くという形でのシフト制だと思いますが、保育士はもちろん正社員なので、8時間勤務でのシフト制になります。一般的な保育園では、

早番7:00〜16:00

中番8:30〜17:30

遅番 10:00〜19:00

※時間はあくまで例です

 

のような3交代の形になるそうです。

 

 

 

 

 

ユーキャンの保育士通信講座

価格:59,000円
(2020/9/1 23:15時点)
感想(24件)

 

 

 

・・・なぜ、「なるそうです」なのかと言いますと、僕の職場は違うからです笑

もちろん、シフト制であることには変わりないのですが、30分刻みで8交代だからです。

 

多過ぎますよね笑

 

 

何故こんなに多いのかというところは、僕の住む地域や園の方針など様々な理由があるのですが、それはそうとして、とにかくこのシフト制、思った以上に大変です。。。

早番の日は早く帰れるため用事を済ませることができることや、遅番だったら病院に行ってから出勤できるなどのメリットもあるのですが、正直に言いますと、「生活のサイクルが作られないというデメリットの方が圧倒的に大きいように思います。

 

生活のサイクルが作られないというのは、端的にいえば毎日のルーティンができにくいということです。例えば、一般的な会社員であれば、何時に起きて、何時からご飯食べて、仕事終わったあとは何時からこれをして、何時に寝る、、、、といったことがある程度定まっていくと思います。しかし、シフト制だと、その日によって出勤時間や帰宅時間に大きな開きがあるので、なかなか何時にこれをするという風に決めることが難しいのです。

 

 

これは保育士に限らず、介護士や看護師等も同じかと思われますが、このシフト制、かなり体力的にきついんですよね。僕も年数を重ねていく中で、やっとなれてきたという感じで、新人が必ず繰り返し体調を崩すのを見ると、シフト制の過酷さを改めて感じます。それでも、看護師の方のように宿直(夜勤)などはないのでその分まだ楽なのかもしれません。 シフト制の恩恵も受けているはずなのですが、不規則な生活の負担の方につい目がいってしまいがちです。

 

 

 

ちなみに今日は遅番でした、、、今回の執筆で遅番でブログを書くのことの大変さを知りました笑

就労時間は変わらないのに何故か遅番ってより疲れるような気がするんですよね。。。個人的には早めのシフトが好きです。帰ってからの時間があるので。笑

 

 

 

福祉教科書 保育士 完全合格問題集 2020年版 (EXAMPRESS) [ 保育士試験対策委員会 ]

価格:2,420円
(2020/9/1 23:14時点)
感想(1件)

0~5歳児指導計画の書き方がよくわかる本/佐藤暁子/川原佐公/月刊保育とカリキュラム編集委員【1000円以上送料無料】

価格:1,980円
(2020/9/1 23:17時点)
感想(0件)

 

「継続する」ために必要なこと

 

こんばんは。朔太朗です。

 

皆さんの経験の中で「頑張って続けてきた」と自負できることはなんでしょうか。

勉強だったり、部活だったり、今の仕事だったり、大好きな趣味だったりいろいろあると思いますが、その「継続」をしていくために大切なこととはなんでしょう。

 

・・・僕にもわからないのですが笑

 

すみません。なにか知っている風に書いてますが、さっぱりわかりません。笑 熱しやすく冷めやすいとはまさに自分のことだと思うほどに継続が苦手なので、、、

 

ただ、一つだけ、もしかしたらこれじゃないかと思うことはあります。

それは「明確な目標をもつ」ということです。

 

 

明確、と一口で言ってもその言葉自体が曖昧なようにもとれますが、つまりは

「数値化した目標をもつ」ということです。

が明確な目標であり、それをもつことこそがモチベーションを保ちながらの継続、そして成功することへの近道だと思うのです。

 

例えば、「営業で売上〇〇円を達成する」や「テストで合計□□□点とる」などといったことです。「一月〇〇円貯金する」なども当てはまりますね。なぜ数値化することが大切だと言えるのか。それは数値化することによって3つの大きなメリットが生まれるからです。

 

 

1・・・計画を立てやすくなる

目標を数値化し、明確化することで、そこに至るまでには何が必要で何が無駄なのかが把握しやすくなります。そこから逆算していくことで、自分がどう行動していくべきなのかがより具体化していきます。

 

2・・・進捗状況や達成度がよりわかりやすくなる

大きな最終的な目標が「数字」という形で立てられていれば、途中であっても、自分がどのくらい達成しているのか、あとどのくらい足りないのかがはっきりとわかります。もし、この段階で最終目標の数値に達成できなさそうだとわかれば、計画を見直したり、建て直したりすることがスムーズにできるはずです。

 

3・・・結果が目で見てわかりやすく、人からも自分でも評価しやすくなる

当たり前のことではありますが、抽象的な目標では、自分自身ではわかっていても人から見れば、「これは達成したのか」と捉えられてしまうこともあります。自分自身で評価する場合であったとしても、「まあだいたいクリア!」と甘い評価をしてしまいがちになると思います。

 

 

孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術【電子書籍】[ 三木雄信 ]

価格:1,400円
(2020/8/31 21:35時点)
感想(0件)

 

以上のことから、僕は、いかに数値した目標をもって生活するかという点を常に考えています。熱しやすく冷めやすい、継続することが苦手な方ほど、「数値化する」ということにこだわると良いと思います。なにしろ、自分がそうなので、、、笑

 

 

そして僕も今日より、また新しい数値化した目標を掲げます。それは

 

このブログを毎日更新するということです。

 

僕には、とても尊敬する方がいるのですが、その方も、フィールドは違えど、毎日更新というところに並々ならぬ強い意志とストイックさを持って取り組んでいます。成功者内容ではなく、その行動や意志、取り組み方を真似していく。その精神で、毎日更新を続けていきますので、少しでも応援したいと思って下さった方は、読んでいただけると嬉しいです。

 

よろしくお願いします!!!

 

 

 

予定通り進まないプロジェクトの進め方 [ 前田考歩 ]

価格:1,980円
(2020/8/31 21:38時点)
感想(1件)

バスタオルを撤廃した話。

 

 

こんばんは。朔太朗です。

 

皆さんの日々の生活の中で絶対に必要な物といえば何が思い浮かぶでしょう?衣食住に関するものはもちろんのこと、スマホやPCなどの家電、自転車、化粧品、常備薬・・・など、その人それぞれのライフスタイルによって多少違いが出てくると思います。

 

そんな暮らしの中でふと「あれ?これって本当に必要なの?」と思う瞬間はいくつかあると思うのですが、僕が一人暮らしを初めて2ヶ月を過ぎた頃に、一番最初にそう感じたものは、「バスタオル」でした。

 

 

 

 

初めての一人暮らしといえば、何気ない家事の大変さに気がつき、親の偉大さを再確認したりするものですが、そんな家事の中で僕がもっとも面倒だと思うことの一つが洗濯です。回すのは造作もないことですが、これを干すとなると一気に重労働に感じてしまいます。天気には左右されるし(僕は主に浴室乾燥を利用していますが)、大きいものはなかなか乾かないし、乾いたら乾いたで取り込んだり畳んだり、、、とやたらと工程も多いんですよね。

 

そうした中で、洗濯物でバスタオルが溜まってしまっていた日がありました。渋々重い腰を上げて大きなバスタオルを広げて干していた時にふと気がつきました。

 

 

「あれ、バスタオルじゃなくて普通のフェイスタオルでよくない?」

 

 

バスタオルってかなり面積がありますが、あれを目一杯に使う人って限られていますよね。もちろん、女性であれば髪が長い方も多いので、必要かもしれませんが、少なくとも、どちらかといえば細身の一般的若い男性の一人暮らしには全く必要ない、むしろ取り回しが面倒という点に置いて、いらない物だったのです。

 

それに気がついてすぐに、持っているバスタオルは全部捨てました笑

 

フェイスタオルにしてからというもの、洗濯はとても楽になりましたし、なにより収納を圧迫せずしないのでかさばらなくなり、少し大袈裟かもしれませんがほんの少し生活が豊かになったと感じています。

 

物の価値や存在意義は人それぞれ捉え方が違うと思うので、「いやいや、バスタオルはいるでしょ」と思う方もいるとは思いますが、もし、少しでも暮らしをシンプルにしたいと思っている方がいたら、参考になればと思います。