現役保育士サク/朔太朗の暮らしブログ

現役保育士のサク/朔太朗です。このブログでは、シンプルライフを中心に、人や時代に流されない生き方について綴ります。

「もったいない」はいらない

 

こんばんは。朔太朗です。

 

今回は「もったいない」について書き綴っていきたいと思います。

 

「もったいない」という言葉って、小さい頃から何度も言われ続けてきた方も多いのではないでしょうか。日本特有のこの「もったいない」という言葉は、昨今の環境問題なども相まって、一時期はもったい運動などと言われて一大ムーブメントを起こしていました。

 

f:id:sakutarou-blog:20201116223733j:plain

 

 

 

 

 

しかし、このもったいないっていう考え方、断捨離においては完全な悪です。

 

 

 

 

 

物に対してもったいないって思う方は結構多いかと思いますが、「捨てるのがもったいない」とかって、実際はほとんど執着だと思います。

 

使ってみてあまり自分の生活にマッチしていなかったのにもかかわらず「せっかく買ったから・・・」と捨てられずにいたり、実際に使うことはほぼないのに「もらったものだから」と押入れの奥底に仕舞い込んでいったりしてしまうと、その「もったいない感情」だけで部屋の収納を減らしてします。

そしていつかその「もったいない感情」だけで取っておいた物とまた対峙しなければならないとき、また捨てるかどうするか迷うと思います。ここでしなくて良かったはずの無駄な選択や思考で、脳に不必要な負荷をかけてしまいます。

 

これら全て、いらなかったはずなのに執着し取っておいたせいで起きている無駄の集合体です。

 

 

厳しい言い方ではありますが、その時にいらない物って、後になっても大体いらないですよ。

 

 

もしどうしても後から必要だと思った場合は買い戻せばいいのです。

買い戻せないような高価なものであったり、希少価値の高い物であれば、そもそももったいない以前に、捨てようか迷うことなどないはずです。

 

 

物を持ちすぎている人はこの事実に気がつけていない方が多いように感じます。もちろん、必要か不必要かだけで生きていくのはつまらないと思う方もいると思います。

それは私も同意見ですが、やっぱり不必要なもので自分の生活を妨げてしまうのは、それこそもったいないと言えるのではないでしょうか。

 

 

何を大事にするかはその人それぞれではありますが、明らかにいらない物を持ち続けるのは時間も労力も奪ってしまいます。日常の中で当たり前に使っている物の中でも、よく考えたらいらなかった物もあるかもしれません。

(ちなみに僕はバスタオルがそれでした。)

 

 

あわせて読みたい記事

 

www.sakusaku-kurashi.com

 

 

 

断捨離をしていくなかで、そういった感性や感覚は磨かれていきます。もともと物に溢れた生活をしていたからこそ、今のシンプルな生活の方が精神的にもよいと断言できます。

 

断捨離においては、「もったいないがもったいないです。

 

まずは「もったいないから捨てない」という考え方から、断捨離していきましょう!

 

 

 

 

 

 

断捨離についてはこちら記事をどうぞ

 

www.sakusaku-kurashi.com

 

 

 

 

習慣化するメリットとその具体的な方法3選

 

こんばんは。朔太朗です。

 

皆さんのなかで、「これは習慣化しているな」と感じることはいくつあるでしょうか。

数えてみると案外ないかも、、、と思う方も少なくはないでしょう。

 

しかし、アメリカのノースカロライナ州デューク大学の研究では、人間の行動の約45%は習慣に基づいていると公表されているほど、習慣はとても大切で、人々の生活に密接していることなんです。

 

というわけで、今回は習慣化していくメリットと、習慣化していくコツについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

習慣化することのメリット① 無駄な思考力を使わない

 

何かを始めたり、もしくはやるかやらないか迷ったりするときって「どんなふうに進めていこう」「時間帯はいつにしよう」といった具合に、思考力を使いますよね。

 

特にそれが初めてのことだった場合はこの”考える”という時間だけで1日が終わってしまうこともしばしばあるかと思われます。

 

しかし、行動を習慣化しておけば、考える時間や労力を大幅に削減することができます。

 

人は1日に35000回もの意思決定や決断をしているそうです。

 

この回数が増えれば増えるほど、心身共にストレスを感じやすくなっていきます。

 

 

ある程度習慣化して意思決定の回数を減らしていくことが、冷静でストレスの少ない生活へと繋がっていくのです。

 

 

 

 

 

 

 習慣化することのメリット② 成果が生まれやすい

 

f:id:sakutarou-blog:20201115225539j:plain


 

メリット①でも書いたように、習慣化すると、特別な意思決定の必要性がなくなります。

 

それによって、自分のしたいことややらなければいけないことを最低限のストレスで継続していくことが可能になります。

 

例えばそれが勉強だったら、明らかに偏差値は上がっていきますよね。運動や筋トレであれば、確実に体に現れていくと思います。

 

何かを成し遂げるためには継続することが大切です。継続していくには、その事柄を習慣化することが一番の近道と言えるでしょう。

 

 

継続に関する記事はこちら↓

  

www.sakusaku-kurashi.com

 

 

 

 

 

 

習慣化することのメリット③ 自信がつく

 

3つ目は自信がつくと言うことです。なにそれ?って思う方もいるかもしれませんが、これはとっても大切なことです。

 

先ほどのメリット②の通り、継続すると成果が出やすいくなります。

もし、習慣化したことによる成果が生まれれば、それによって確実に自分の自信につながるでしょう。

 

仮に思うような成果が出なかったとしても、習慣化した・継続したという経験が残ります。その経験は必ず自分に活きていきますし、自信にも繋がっていくと思います。

 

自信がある人は魅力的に見られますし、そう言った経験から来る自信は簡単には壊れずに活きていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

このように、習慣化するメリットはとても大きいことがわかります。

 

しかし、そもそも何かを習慣化するって難しいと感じる方も多いと思います。

 

確かに難しいのですが、コツがないわけではないので、今から習慣化するためのコツを書いていきます。

 

 

 

 

 

 

習慣化のコツ① できそうなこと・続けられそうな量から始める

 

一つ目はできそうなこと・続けられそうなことから始めると言うことです。

僕もそうなのですが、人間というは、アドレナリンが出ていてやる気になっている時って無茶な目標を設定しやすいんですよね。

 

例えば

「副業のおすすめで出てきたから、ブログとプログラミングを始めよう!せどりって簡単にできそうだからとりあえずやってみて、後は動画編集もキテるらしいから勉強して、ラジオもブルーオーシャンだからやって・・・」

 

 と言う感じになりがちです。

 

、、、はい、過去の私です。(笑)

やる気になっているときってアドレナリンが出てて客観的に見れなくなっているんですよね。

 

冷静になって考えたらどう考えても無理ゲーなんですけど、そのときの当人と言うのは至って真面目で、至って本気ですよね。

 

しかし、せっかくのやる気も自分のキャパシティを超えて挑戦したことによって、挫折してしまってはもったいないですよね。

 

 

当たり前のことではありますが、自分ができそうなこと・続けられそうな範囲から始めていくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

習慣化のコツ② 目標を数値化する

 

f:id:sakutarou-blog:20201115225859j:plain

 

二つ目は目標を数値化するということです。

何かを始める上で目標は必須ですが、漠然としていてはあまり意味がない気がするんですよね。

 

目標を明確化していくことで、その目標と自分との距離がどのくらい離れているのかがわかりやすくなり、よりどこにどのくらい力を入れればいいかがわかると思います。

 

明確な目標というのは、つまり数値化するということですね。

 

モチベーションは日々変わっていく物ですが、数字にしておくと、挫折する率は下がっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

習慣化のコツ③ 言葉にする 

 

最後のコツは言葉にするということです。

思うことは誰でもできますが、言葉にするって難しいですよね。

 

人に言うのは最初は恥ずかしいですし、もしかしたら馬鹿にしてくる人もいるかもしれません。

しかし、そんな人の言うことは聞く耳を持たなくて大丈夫です。

 

言葉は悪いですが、そういう人って所詮他人を批判することしかできない人なのです。何かを

 

始めるとき、必ず批判はされます。批判する側ではなく、される側になりましょう。

 

 

 

言葉は言霊です。自分に言い聞かせることで習慣化していきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、習慣化するメリットとその具体的なコツについて書いていきました。

 

多くの習慣を作っていくことで、少しでも生活の質を向上できるよう頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【物はいらない】ハードルが低い断捨離の始め方

 

 

 

こんばんは。朔太朗です。

 

以前に、断捨離のススメというタイトルで、断捨離をすることのメリットを書き綴っていきましたが、「そもそも断捨離って何から始めたらいいの?」という方も多いと思うので、その方法について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 断捨離のメリットを書いた記事がこちら ↓

 

www.sakusaku-kurashi.com

 

 

 

 

 

1. どう考えても必要のないものをまず捨てる

 

一つ目から?という感じかもですが(笑)いま、家にいる方は部屋の中を見渡してみてください。

 

どう考えてもいらないもの、ないですか?ここでいらないものを見つけることができない!全て必要なものだ!という方は、なかなか断捨離を進めていくのは難しいかもしれません。

 

部屋の中、必ずいらないものはあります。今現在使っていないもの、今後使う予定が明確ではないものは必要ない可能性が高いです。一度、手放すことを検討して見ましょう。

 

 

 

 

2. 保留ボックスをつくる

 

二つ目は、保留ボックスをつくるです。

捨てるか残すかの判断は、断捨離を始めたばかりの人にとってはなかなか難しいと思います。ですので、もし迷った場合は保留にしても構いません。「保留すると断捨離が進まないんじゃ・・・」と思う方もいらっしゃると思いますが、それよりも、捨てるか捨てないかの選択に苛まれて断捨離を断念してしまうことの方がよほどもったいないです。

 

それに、必要な物を誤って安易に捨ててしまうことも防げます。物を減らすことは良いことですが、必要な物を捨ててしまっては元も子もないです。判断力が養われるまでは、保留ボックスで対応しましょう!

 

 

 

 

3. 一気にやる

 

これは賛否両論ありそうですね(笑)「一日一つ捨てる」や「コツコツやる」など書かれている記事やサイトも多く見かけますが、個人的には、連休などまとまった時間があるときに一気にやるということをお勧めします。

 

もちろん、コツコツやったり、場所を限定して進めていったりすることも悪くはないと思いますが、断捨離前と断捨離後の変化がわかりづらいんですよね。掃除や断捨離をした割にそんなにきれいになっていないように感じると、その後のモチベーションに影響を及ぼします。なので、断捨離初心者こそまとまった時間に一気にやってしまうことをお勧めします。

 

 

 

 

4. 大きい物から取りかかる

 

これも大切なことですね。明らかにいらない物を捨てた後は、大きい物から取り掛かりましょう。

なぜなら、3番目ともリンクしますが、大きい物から取り掛かった方が一見綺麗になったと錯覚するからです。この錯覚こそが次の作業・断捨離のモチベーションになっていきます。

 

それに、細々なものを最初からやり始めると、作業効率的にもあまりよろしくないです。

明らかにいらないものを捨てたあとは、大きいものの処分・整理をしていきましょう。

 

 

 

  

まとめ

 

今回は、断捨離の始め方について書いていきました。 最初は何をどうしたらいいのかわからない方も多いと思いますので、是非とも参考にしてみてください。

 

僕も忙しくなってきて、部屋がだんだんと乱雑になってきたので、また断捨離してきます!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPadの必要性とPCとの違い【iPadって要りますか?】

 

 

こんばんは。朔太朗です。

 

 

ブログの更新が少し空いてしまいました。システム関連のことについての勉強をしているうちに書く時間がなくなってしまっていました。。。なるべく継続していけるように書き進めていきたいと思います。

 

 

今回は、iPadの必要性についてです。タブレット市場でいうとだいぶ前からiPadの独壇場という印象ですが、iPadってどうなの?買いなの?という疑問を持つ方も多いと思います。

 

結論から言いますと、「パソコンを持っていないならまずはパソコンを買うべき パソコンを持っている人は用途は限られるが使い道はあるということになります。いくつかのテーマに沿って解説していきたいと思います。

 

 

 

 

 

1. iPadはパソコンの代わりになるのか

 

これはよく議論されることですよね。特に昨年にiPad os13が発表されてから、機能が大幅に拡張し、Appleの公式サイトでもパソコンになりますよ・パソコンを超えました的な宣伝もされていて、それで初めてiPadに興味を持った方もいたかもしれません。しかし、残念ながらiPadはパソコンの代わりにはなりません。その理由は以下の通りです。

 

 

・文字入力のしにくさ

これは大方予想できることかもしれませんが、正直決定的に違います。

 

最近はmagic keyboardも発売されましたが、パソコンの打鍵感や文字入力の感覚には未だ遠いと感じました。もちろん、これまでのsmart keyboardに比べるとしっかりと”押している”感覚はあるのですが、それでもパソコンのそれとは明確に違いがあります。

 

magic keyboardは値段も高いので、例えばiPad proとmagic keyboardを買うとなると税込みで13万円弱になってしまします。正直、これでは高過ぎます。これをパソコンの代わりに買うなら、MacBook AirをCorei5にカスタムしても、ほぼ同じくらいの値段で買えるので、その方が断然幸せになれます

 

 

・拡張性が低い

これも見るからにというか、いうまでもなくではありますが、iPadは外部端子に対応していません。現在のiPad Proと今月末に発売の新型iPad Airに関してはUSB Type−c端子になったので、ある程度は接続できるようになりましたが、利便性は最悪だと思います。物によっては反応しない物もありますし、まだまだ使い勝手という意味では、パソコンには遠く及ばずという印象ですね。

 

その他のiPadに関してはあの悪名高きlightningケーブルなので論外ですね(笑)

 

 

・アプリが使いにくい、簡易版になっている

現状当たり前ではあるのですが、パソコンで使っているソフトをそのまま使うことはほぼできません。アプリで簡易版になっていたり、そもそも対応していないなんてこともよくあります。

 

 

 

 

 

ここまでで気が付いた方もいらっしゃると思いますが、iPad「何かを創り出すデバイスとしては力不足」なんですよね。動画編集やブログ、作曲、プログラミングなどなどどのクリエイターにとっても、圧倒的にパソコンの方が使いやすいと断言できます。

 

 

では逆に、何かを消費するデバイスとしてはどうなのか?これは間違いなく最高だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. タブレット端末・消費するデバイスとしての良さ

 

 動画視聴、電子書籍リーダー、ネット視聴、ゲーム、カーナビやマップ、、、などなど、どの使い方においても、タブレット端末の特徴である画面が大きいというのは正義だと思います。特にYouTubeNetflixなどの動画視聴においては、絶対的に大きい画面のほうが没入感が違います。そしてタブレット端末は実質iPad一強といっても過言ではないので、iPadはの良さを最大限に感じることができると思います。

 

携帯性の悪さに関してはデメリットだとは思いますが、パソコンに比べれば大きさ・重さのどちらにおいてもiPadのほうが持ち運びやすいです。 

 

こうしてみると、iPadはクリエイターのためのデバイスではなく、消費する側のデバイスであるということがよくわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ iPadは買いなの?

 

今回はiPadの必要性と使い道、パソコンとの違いについてお伝えしました。結論として繰り返しにはなりますが、iPadとパソコンは別物。クリエイターには向きません。」が「消費するデバイスとしては最高で、買い。」だと感じました。

 

 

 

パソコンを持っていない方に関しては、パソコンを買うことを強くお勧めします。やっぱりできることの量が違いますからね。

 

 

 

とはいえ、まだまだ変化を続けているiPad。これからどう進化してパソコンとの差別化していくのか、もしくはパソコンに近づいていくのか、、、これからがとても楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士で絵が下手だっていい!保育士の必要な能力5選

 


 

こんばんは。朔太朗です。

 

ブログタイトルや他の記事にもある通り、私は現役保育士なのですが、保育士になりたい人って結構多いんですよね。

 

昨今は、保育士の待遇が悪いことや、一部の劣悪な保育環境・保育士が話題になることが多いので、あまりポジティブなイメージはないかもしれませんが、それでも一定数保育士になりたいと思っている方はいます。

 

ちなみに、保育士と言う職業を勧めるかどうかはいったん置いといておきます(笑)

 

 はっきり言いますが、保育士に必要なのは、絵を描くスキルやピアノではありません!正直、そんなことはそこまで重要ではありません。

 

ということで、今回は保育士や保育をしていくために必要な能力・スキル5選について紹介して行きたいと思います。

 

 


3・4・5歳児の行事&季節の製作アイデア(10月~3月) (PriPriブックス)

 

1、体力

 

 

いや、いきなり体力かよ(笑)って声が聞こえてきそうですが、これとても重要です!

はっきり言いますが、体力に自信がない人は、今からでも運動や筋トレなどをすることをおすすめします!というのも、保育士の仕事はほぼ全て体力勝負なんです。

 

・子どもを抱っこする

・子供と一緒に遊ぶ

・保育室の掃除や片付け

・子供にダンス・運動を教える

・行事前に超残業をする

 

簡単にざっと上げただけでも体力仕事だらけだということがわかると思います。

これの他に、様々な行事などの準備があるので、きっと思っている以上に体力を消耗します。

(ちなみに私の職場では最長23時半まで行事の準備をしていました、、、ブラック企ry)

 

 

というわけで、体力に自信がない方、少しでもいいので、体を動かす習慣を作ることをお勧めします!

 

 

 

 

 

2、コミュニケーション力

 

 

二つ目はコミュニケーション力です。これは、主に保護者とのコミュニケーションになりますが、覚えておいて欲しいのですが、必ず一回は必ず挫折します!

 

挫折というかメンタルが死にます(笑)割と強メンタルだと自負していますが、そんな私でもメンタルが折れかけました、、、一年目は特に慣れていないことから、うまく対応できずに日々反省でしたね。

笑顔の練習や保護者対応の研修もあるぐらい、保育士にとってはコミュニケーションが大切です。

 

 

私もそこまでコミュニケーション能力があるほうではなかったので、 なかなかスムーズに会話を進めていくことが難しかったです。しかし、これは慣れもあるので、毎日の関わりのなかで慣れていきます。もともとコミュニケーション力に自信がある方に保育士はとても向いていると思います!

 

 

 

 

 

 

3、観察力 

 

 

3つ目は観察力です。これは、、、特に大切ですね。(全部じゃんという感じですが 笑)

 

1日の保育は、子どもを観察していくことから始まります。

子どもの顔色や表情、服装や言動などからその日の子どもの気分や体調を観察していきます。その一つひとつを見逃さない観察力を養っていく必要があります。

 

これはいわば”気付き”の力ですね。日常生活の中でも他人の変化に目敏く気がつく方っていますよね。メイク変わった?とか前髪を切った?とかもそうですし、あれ、ここ前は〇〇のお店だったのに、、、とかそういう気づきです。(鈍感なので自分は全くわかりません)

 

なので、これはある程度持って生まれた物もあるのかもしれませんが、仕事をする上では、よく観察するということを意識していくことで、カバーすることができます。しかし、普段の生活から、気付きの力を養っていくということを意識すると、仕事にも生かしていけると思いますよ!

 

 

 

 

 

 


福祉教科書 保育士 完全合格テキスト 上 2020年版

 

 

 

 

 

4、国語力・文章力

 

 

4つ目は、国語力・文章力ですね。?と思う方も多いかもしれませんが、保育士って意外と事務作業が多いんですよね。

一番わかりやすいのは連絡帳ですね。保護者とのコミュニケーションをとる上でお迎えや朝の対応と同じぐらい大切です。失礼な言葉遣いになっていないか、フレンドリー過ぎる文体ではないか。。。誤字や脱字がないかという国語力ももちろんですが、保護者が読んだ時にその日の子どもの姿が浮かぶような文章というのが大切になってきま。n

 

これの他に一週間の保育案を書いた週案、同じように月の保育案を書いた月案、園によっては個人の成長を記録した個人記録や日誌、個人日誌、保護者への手紙…などなどもう沢山あります!(笑) 

 

 

こうやって聞くと「なんか難しい。。。自分には難しいかも」と思う方も多いかもしれませんが、これらの書類を書くのもある程度”慣れ”が大きいので、そこまで気負わなくても大丈夫です。

 

 

ただし、こなしていくことは慣れですが、あまりにも国語力や文章力がない方だと、働いてからそこを鍛えていくのはなかなか難しいかもしれません。。。なので、学生のうちに読書の習慣をつけるだとか、授業のノートをわかりやすくまとめるなどのことをして置くと良いかもしれません。

学生の時間がある時に意識しておくことをおすすめします!

 

 

 

 

 

 

 

5、子どもが好き

 

 

最後は子どもが好きということですね。能力かどうかは微妙なところですが(笑)

 

私は子どもが好きというのは保育士としてやはり一番大切なことだと思うので、最後に持ってきました。

 

誰でもそうですが、やっぱり好きなことではないと続かないと思うんですよね。もちろん、どんな仕事でも嫌になることは必ずあります。保育でもいうことを聞いてくれなかったり、悪さばかりしたり、、、少し嫌になるその瞬間は絶対にありますが、その中で続けられるかどうかは、単純に子どもが好きであるという気持ちが大切だと思います。

子どもが好きであれば、叱ることはあっても感情的になって怒ることは無いと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は保育士に必要な能力について紹介しました。繰り返しになりますが、絵や制作が下手で、、、とかピアノがあまり得意じゃなくて、、、ということはそこまで気にしなくて大丈夫です!

 

 

実際に私が働く園では、ピアノが弾けない保育士が自分も含めて結構います(笑)でも重要なのはそういうことではないのです。もちろんできることは多いに越したことはないので、学生の方ならどんなことでも挑戦したり努力したりした方が良いとは思いますが、できないことに目を向けるのではなく、自分の持っていること・できることに目をむけてください。 そして、保育士として必要なことがわからなくなったら、この5つを思い出してください。

 

 

特に最後の子どもが好きという気持ち、これは、保育士になりたい方なら誰でも持っている物だと思います。正直この気持ちさえあればあとはなんとでもなります(笑)

 

 

 

自信を持って保育士を目指していただけたらと思います!

 

 

 

 

 

 

 


保育士になるための早わかりブック

 

 

 

 

 
保育の現場ですぐに役立つ 保育士の基本スキル (保育士のためのスキルアップノート)

 

 

 

断捨離のススメ

 

こんにちは。朔太朗です。

 

今週末はずっと断捨離をしていました。というのも、来年に引越しをする予定があるので、なるべく物を減らしていきたいんですよね。今までも、物は多い方ではなかったのですが、身の回りのものを改めて見直す事で、だいぶスッキリした住環境になりました。という事で、今回は断捨離のススメと題して、断捨離することのメリットを書いて行きたいと思います。

 

メリット①  気持ちが晴れやかになる

 

いきなり精神的な話かよ、と思われた方も多いかもしれませんが、これってやってみると本当に実感でできる事なのです。「部屋の乱れは心の乱れ・頭の中の乱れ」です。僕も心が荒んでいるなと感じた時、決まって部屋も散らかっていることが多いんですよね。自分の精神状況があまり良くないと感じる場合は、まずは身の回りの要らないものを捨てましょう。まずは、明らかに要らないものだけでいいです。それだけでも、だいぶ気持ちは上向きになると思います。騙されたつもりで、一度やってみてください。

 

 

メリット②  掃除が楽になる

 

これはなんとなく想像がつく事だと思いますが、やっぱり物が多いと掃除の時に苦労しますよね。まず物を動かしたり戻したりという作業が増えるわけです。それに、物の上にホコリが溜まったり、必要のない隙間ができたりしてしまうので、掃除の大変さはだいぶ変わってくると思います。物を多く所持していると、掃除が面倒になりますし、掃除が面倒でしないと、さらに汚くなり、汚いからもっと面倒…という完全な悪循環に陥ってしまうわけです。まさに僕も昔はまさにこの状態で、掃除せざるおえないお部屋になって初めて重い腰をあげると言うような具合でした。最低でも丸2日はかかります。物が時間も奪っているというわけです。

 

 

  


人生がときめく片づけの魔法 改訂版 [ 近藤 麻理恵 ]

 

 

 メリット③   探し物が減る

 

断捨離をして物が減ると言うことは、その分持ち物の管理がしやすくなります。物を減らすことを意識していないと「あれ、こんなもの持っていたっけ?」ということが何度か訪れます。笑 こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。昔は僕も何度もありました。。。

探し物って、イライラしますよね。しかも時間も奪います。物が少なければ、自分がどこに何を置いているか把握し、そんな手間・時間を削減できるのです。メリット3ともつながりますが、必要以上の物は、時間を奪う存在なのです。

 

 

 

 

 メリット④   無駄な買い物が減る

 

これは一見直接的には関係のないことのように思えますが、実はすごく大切なメリットの一つです。

断捨離の時には物をたくさん捨てる事になると思いますが、もしその時にあまり使わなかったもの、活用仕切れなかった物があったとします。さてどう思いますか。

きっと、「もったいなかったなあ」と思う方が多いと思います。そうなんです。その『買ったことへの後悔の気持ち』がとても大切なのです。そうすることで、下のような意識になります。

 

断捨離をする→物を捨てる→捨てる事になってしまい後悔する→必要な物を吟味して買うようになる→無駄な買い物が減る

 

これ、とても重要です。無感情にどんどん捨てることも時には大切ですが、物に対して申し訳ない気持ち、もったいなかったなあと言う気持ちを持って捨ててみてください。きっと、その後悔が買い物力に繋がることでしょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。断捨離することのメリット、とてもたくさんあったと思います。まずは簡単なとこからでいいのです。明らかにいらないなと思う物をとりあえず捨ててみてください。そのうち、物を減らすことが楽しくなっていくかもしれませんよ。

 

 

 

 ↓ 僕が影響を受けたミニマリストしぶさんの著書です。↓ 

 

 


手ぶらで生きる。 見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 [ ミニマリストしぶ ]

 

 

 

 

 

ミニマリストの生活。必要最低限の生活。


 

こんにちは。朔太朗です。

 

今回はシンプルライフについての話をしていきたいと思います。

 

 ミニマリストとは

 

最近はミニマリストという言葉が浸透してきていますよね。知らない方のために説明していくとミニマリストとは、「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生したことばで、物をなるべく減らしながら、必要最低限のものだけで生活している人のことです。YouTubeなどでもミニマリストと呼ばれる方がたくさんいて、様々な視点から「ミニマムな暮らし」を配信しています。

 

私もこの例にもれず、ミニマリストに憧れてミニマリストを目指して生活していました。この人はこれを捨てているからこれはいらない、これもそれもミニマリストになるためにはいらない。。。といった具合にたくさん物を減らしていきました。それによって、かなり生活がしやすくなり、気持ちも晴れやかになりました。必要のない物にどれだけ囲まれていたのかがとてもよくわかりました。

なのですが、結果からいうと、ミニマリストを目指してもそこまで幸せにはなれなかったんです。

 

 

ミニマリストは「目的」ではない

 

大前提として、繰り返しになりますが、生活はとてもよくなり、家の中も生まれ変わったようになりました。合理的に考えて、物は必要ないということが身にしみて、大正解だったと思います。ただ、ひとつ思ったことが、ミニマリストになってどうなりたいんだろうってことなんですよね。つまり、ミニマリスト手段であって目的ではなかったのです。

 

ミニマリストになるということに執着しすぎて、なってどうなりたいのか、どうしたいのかが当時の自分には完全に抜け落ちていました。そのため、憧れたミニマリストがいるかいらないかを基準に、自分に必要か必要でないかの判断もしてしまっていて、結果として自分の価値観を完全に見失ってしまいました。振り返ると、「これは自分には必要だったな」と後悔し、買い戻した物もあります。

 

ちなみに、この時に完全に不要だと思い、バスタオルを撤廃しました。

↓ ↓

 

www.sakusaku-kurashi.com

 

 

  

 


脱 バスタオル 小さめ 薄手 速乾 4枚セット まとめ買い 薄手 速乾 ハンガー スマート サイズ ミニバスタオル 泉州タオル ロングフェイス ギフト 日本製 挨拶 民泊 バスタオル 卒業 ミニマリスト 宣言 送料無料 タオル まとめ買い

 

 

 誰かの真似をするのではなく、自分の価値観を磨く

 

物は多いより、少ない方がいいです。これは間違いありません。物に溢れていると判断する回数も増え、そのうち物に支配されてきてしまいます。それは間違いないのですが、大切なことは、自分にとって必要なものはどれかということと、物を減らした生活をする事でどうなりたいかという事です。

 

有名なミニマリストの方もおっしゃっていましたが、誰かの生活を模倣するのではなく、それは参考・見本として、いかに「ミニマムな生活・物を減らす」ということを自分の生活の中に無理せず落とし込めるかが大切になってきます。

そして、その先に自分はどうなりたいのかという、先のことを見据えて取り組むということです。物が少ない生活に慣れれば、支出は自ずと少なくなってきますし、物欲もなくなってきます。このように、物を減らした生活によって生まれるものに目を向けると、物のリバウンドを防ぐ事に繋がっていきます。

 

 

 

自分なりのミニマムを、目指していきたいですね。

  

 

 

 

 

 


手ぶらで生きる。 見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 [ ミニマリストしぶ ]

 

 


本当に使える398アイテムを一挙公開 無印良品で暮らしが変わる!【電子書籍】